「夜」だけではない、「昼」もある風俗系のお仕事

昼に稼げる風俗の仕事とは

「風俗業」の法律的な枠組み

「風俗業」という業種は、日本においては「風俗営業法」、通称「風営法」という法律によって定義され、帰省されています。
これらは、戦後、社会情勢の混乱に寄り、こうした風俗業が反社会的勢力や身元も判然としない人々によって混乱の極みに陥ったことで、それらを改めて制御するために設けられた法律です。
さて、風俗営業法では、風俗産業と性風俗関連特殊営業に大別されています。
これは大まかに言えば、後者がいわゆる「性的なサービスを施す風俗業」のことを指しており、前者は「性的なもの以外の風俗業」のことを示しています。
前者は、「キャバクラやホストクラブ、キャバレー、パチンコ、マージャン、ゲームセンター等」などであり、時間帯や業種によって、未成年者の入店を規制しています。

「性風俗業」の様々なルール

では、先ほどの項における後者の「性風俗関連特殊営業」とは、どんな業種が当てはまるのでしょうか。
主には、浴場業(ソープランド)、ストリップ劇場、ラブホテル、アダルトグッズショップ、ファッションヘルス、デリバリーヘルス、アダルトグッズ通信販売などです。
大きく分けるとソープランドとそれ以外、になります。
日本では性交を伴う風俗業(つまり売春)が法律で禁止されているため、ソープランド以外では性交はできません。
また、ソープランドも大っぴらに性交をサービスと謳っているわけではなく、あくまでも「入浴」という名目でサービスを提供しており、そこでの性交は「当人同士の自由意思による結果」としていて、自由意思なら法律で規制はできないので、そこでサービスの余地を与えている、というのが実態となります。


みんなにシェア

B!